人は雨の日に雨靴を着ることができ(ありえ)て、イギリスに1匹の小さいブタがいて、
意外にも雨靴をも着始めて、でもそれは雨を避けるためそうではなくて、
それが泥を恐れるためで、小さい主人はそれにこの方法を思ったように手伝って、
その他の小さいブタと同じにそれを譲って、思いきりのすりつぶしたものの田畑では遊びます。
ブタはこのがすりつぶしたものの田畑で転げ回ってやっと満足を遊ぶのではありませんか?
どうしてもこの6ヶ月だけは大きくて、名前を小さくて灰色の小さい雌豚と言って、
意外にも清潔な癖を得て、すりつぶしたものがよけることに会って、更におかしいと思ったのは、
恐らく汚いのは2匹の前足だけあります。


幸い農場の主人の12歳の娘はふといい考えが浮かんで、それに小さいブタの足の上でひとまとまりへひとペアのミニ雨靴を探してくるように手伝って、またちょうど良くて、この保護があって、小さいほこりはついに大胆に第1歩を残して、その他の兄弟姉妹と一緒に足を享受してすりつぶしたものの楽しみを踏みます。


この雨靴を身につけているブタ、同じく災い転じて福となす、主人は赦免するだけではなくて、屠畜場を届けられてソーセージをする必要はなくて、今選んで農場のマスコットをして、表に立って農夫協会になって善款を募ります!

創作者介紹

芝麻ねこ≡°ω °≡ 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()