今年のノーベル平和賞は12日に公表して、
「直面したくない真相」環境保護の記録映画の米国の元副大統領のゴアを撮影しますから
(Albert Arnold Gore Jr.),国連の多国籍の気候の変遷のグループ(IPCC)
と共に獲得して、ノーベル賞委員会は世間の人に注意する全世界の暖かい化の
危機の貢献に対して彼らを肯定します。

ノーベル賞委員会は、ゴアとIPCCは「人類の製造の」
気候の変遷を創立して広く宣伝して、そしてどの
ようにこのような変化を転換させるために基礎を結びますと表しています。
ゴアは長い間全球居の指導者地位の環境保護の政治家で、
とてもとっくに地球の直面する気候の変遷の危機を意識して、
彼は政治から、演説、記録映画は出版の書籍などと断固としている決心を反映して、世間の人の気候の変遷に対抗する努力を強化して、「彼は全世界のもっと多い人に理解して気候の変遷に応じてためどれらの方式をとるべきですだかもしれなくて、最も多い貢献の個人をしますと賛辞の中で言います。」

国連の多国籍の気候の変遷のグループとなると、ノーベル委員は言えて、IPCCは過去20年来科学報告を通して、世間の人に人類の活動と全世界の暖かい化の関係を知らせて、IPCC百個以上構成国の数千名の科学者の共同の努力は暖かい化の重大性を現して、これは1980年代にまた仮説性議題であるようで、1990年代までその論点を実証するますます十分になる証拠があって、人類の活動は全世界の暖かい化をもたらして、5年近くに更に明確にすることに見えます。

ノーベル賞委員会は世間の人を呼びかけて、気候の変遷の問題は必ず最も厳粛な態度なければなりませんで、最も慎重な原則と直面して、極端な気候の変遷は大多数の人類の生存条件を変えて脅すかもしれなくて、全世界の暖かい化は「の大規模なことを持ってきて移動するかもしれなくて、地球の資源のに対して更に激しく競争することを招いて、このような変化は世界で最も弱い勢いの国家に対してとりわけ重い負担を持ってきて、国家の間と内部の暴力の衝突と戦争を増加するかもしれません。」委員は言えて、平和賞をゴアとIPCCに公布することを決定して、意味(意図)は全世界の未来を保護して、人類の安全な脅しを下げて、「気候の変遷が人類所を上回って制御することができます前に、今行動しなければなりません。」

ゴアはクリントンの政府の時期に副大統領を担当してかなり環境保護の議題に関心を持って、解任された後に環境保護の記録映画「直面したくない真相」を撮影して、科学的なデータで世間の人が全世界の暖かい化のせっぱつまっている脅しを正視することを呼びかけて、全世界で共鳴を引き起こして、この切れも彼に2007年のオスカーの最優秀記録映画を獲得させます。

ゴアの提唱の論点はでもも部分の科学者に質疑するように引き起こして、現在の全世界の暖かい化の元凶それ以外に、ゴア也は人が自分の豪快な家の1年のガス、電気代に破裂して3万ドルの(約98万台湾ドル)に達することを蹴ることに遭って、にせの環境保護の偽善者です。

国連の多国籍の気候の変遷のグループの今年発表する気候の変遷の報告は、全世界の暖かい化は勢いが激しく阻止できないで、「90%の可能性」は人類のから活動して引き起こしたので、報告は21世紀の全世界の気温の上昇する摂氏の1.1~6.4度を予測して、30~40年内の年ヒマラヤ山脈の氷河が消えてなくなるのがほぼ尽きようとすることを予想して、シロクマは絶滅して、2050年に全世界は大規模な種に陥って絶滅して、30%種は消えてなくなって、世間の人が温室効果の気体を減らすことに力を尽くすことを呼びかけて、この暖かい化の成り行きを挽回しますと指摘しています。
創作者介紹

芝麻ねこ≡°ω °≡ 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()