魚は眠っても眠れないことができ(ありえ)ます!
米国の科学者は魚も眠れない悩みを受けるかもしれないことを発見して、
その上睡眠が妨害を受ける時、また2度寝に寝て補って眠って、科学者は、
魚類の睡眠の構造を研究して人類の睡眠の体のパスワードを解くことに役立ちますと表しています。

新華ネットの報道によると、カリフォルニア州の史丹福大学の医学院の科学者はシマウマの魚に対して研究し発見して、魚は夜に水面の近くあるいは金魚鉢の底部に滞在することができ(ありえ)て、微動だにしないだけではなくて、また尾びれを低く垂れこめることができ(ありえ)て、科学的な生活費の小さい弱電のパルスのエキサイティングなそれらは活動して、シマウマの魚がパルスに邪魔されたことを発見した後に間もなくて、静止の状態を回復するだけではなくて、またこのような状態を更に長い時間に維持することができ(ありえ)ます。

科学者は、シマウマの魚がこのようになって「2度寝」の現象に寝て人類の眠りと騒いで起こされました後に大いに寝て時にはまた寝起きが悪いことができ(ありえ)る情況が似ていることを引き続きだましますと言います。その上魚類は眠るだけではなくて、また不眠症を患うかもしれません。

研究者はいくつかが変異の遺伝子のシマウマの魚を持つことを選び取って、それらの睡眠の状況を正常なシマウマの魚と比較して、変異の遺伝子の魚類の睡眠の時間が普通のシマウマの魚の3割より少ないことがあることを発見して、眠る時間を続けても正常な魚類に比べて少なく半分に行きます。

未来変異の遺伝子の魚類の睡眠の問題を解決するのでさえすれ(あれ)ば、睡眠を制御することと関係がある分子と大脳の活動が種に従って進化することができ(ありえ)るかどうかを発展はっきりさせます。人類の自身の睡眠に対する疑問を解決することに役立ちます。

 

創作者介紹

芝麻ねこ≡°ω °≡ 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()