仏国家オリンピックで美術館のミラーの硬い鉄を詰め込んで台を行ってきて展示を秘蔵して、
最も注目された「遅く祈ります」と「拾本」はやはり高人気を有して、
多くの民衆は抱いて「聖地を巡礼します」類の気持ちを書いて、
館の第1件の事に入るのがこの絵まで(へ)に向ってな前に些細なことで人の揚げ足を取ります。


絵画展の展場に進みますと、何枚の静かで心地良い田園の風景、人にまるで時空を変えさせて、フランス田舎で身を置いて、その上今度が同時に展示して農村の生活の撮影する作品を記録することを照らし合わせて、写真の中でガチョウ、アサガオ、飼い羊の農民村の婦に急いで、素朴な表情を現して、および農家の真実なシーン、すべて1つ1つ画家の言葉遣い忠実にしかもきめ細かい現れることで、まるで時間は画布の上で格に止まりました。


60数件の展示物の中で、最も赤いのやはり「拾本」と「遅く祈ります」2枚の絵、民衆の心の中央アフリカがいけない傑作を見るので、多くの人は人の群れを恐れて破裂してはっきり見ていないことに押し合いをして、着陸してとすぐ先に2枚の絵に走ります前。「遅い祈る夕焼けがとてもきれいです」、「拾本がとても厳粛です」…2枚の絵の前に、ある人は静かに鑑賞して、同じく人がいる低い声は賛嘆して、足を止めて観覧する人の波途切れません。1人の程さんは、美術に対して研究しますが、しかししっかり見ないのが惜しくて、「私は聖地を巡礼しにきたのです!と言います。」


ミラーを除いて、同じくある人はとの時期画家の作品の印象に対して深いです。1人のお姉さんは、「辺鄙な雌の牛をつかみます」絵は1匹の白色の雌の牛の摩擦する木の幹を出してただかゆくて、牛の表情はとても心地良いようで、非常にかわいいですと言います。この絵は画家の特に華と雍の作品で、彼は動物をかくことに優れていて、動物も彼の最も親しくした伴侶で、そのため言葉遣いの猟犬はまるで興奮する吠える音を聞く事ができて、雌の牛也は人物のように情緒が個性があって、あります。

 

 
創作者介紹

芝麻ねこ≡°ω °≡ 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()